アトピーでほうれい線がくっきり、対策は?

ほうれい線で気になるのが

アトピーなどの敏感肌である場合です。

敏感肌だと使う化粧品も選択肢が限られたり、

アトピーで肌荒れが起きることで、

ほうれい線も目立つようになったという意見もあります。

ほうれい線を目立たなくするために

アトピーなどにも対応していく必要があります。

アトピーでほうれい線が目立つのは

食事なども原因?!

アトピーになるのには体質もありますが、

食べ物や生活習慣なども関係しています。

チョコレートなどの刺激物を多く摂っていたりすると

顔にアトピーが出ることがあります。

また、ナッツ類やクッキーなどの小麦粉類なども

体内に多量に取り込むとアレルギー反応を起こして、

肌荒れを起こすこともあります。

アトピーになると皮膚がごわごわとしてきて、

かくことによって、お肌がボロボロになり、

肌全体がざらついてきます。

ステロイド剤などを塗るのですが、

皮膚がだんだんと薄くなる副作用もあるため、

健康的な皮膚と比べると

見た感じ汚く見えてしまいがちです。

また、お肌が乾燥してくるため、

しわも目立つようになります。

そのため、ほうれい線も目立ってきます。

ほうれい線を目立たなくするのには、

アトピーの改善が必要になります。

食生活はビタミンやミネラル分の多い食事をとるようにし、

出来れば野菜やお肉ならば鶏肉などの

さっぱりしたものを頂くといいでしょう。

スイーツが好きという場合は

スイーツがアトピーの原因になっている可能性もありますので、

毎日摂取するのは避けた方がいいかもしれません。

また、部屋は清潔に、枕や布団、

シーツなどは定期的に変えてみましょう。

アトピーではかゆみも伴いますので、かくとひどくなります。

顔にアトピーが出る場合には、

なるべくかかないようにするのがいいでしょう。

敏感肌用化粧品で対策を

アトピーなどの敏感肌の場合には、

どんな化粧品がいいのか、気になりますよね。

添加物無添加の、お肌に優しい化粧品を

使用することをおススメします。

最近の化粧品は、保存料や着色料、

界面活性剤など特許製法などで、

添加物が含まれていない化粧品も

たくさん販売されています。

アトピーが気になる方でも、

お肌への刺激が少なくて

ほうれい線に効果のある化粧品もありますよ。

ストレスが原因の場合もある

また、ストレスなどが原因でもアトピーが

悪化することもありますので、注意が必要です。

仕事が忙しい、人間関係にストレスを抱えているなど、

自分で負担がかかっているなと感じたら、

ストレスを発散することが大切です。

お医者さんに行って治療することもいいですし、

ストレスが原因の場合には、

自分の気持ちを少し変化させると

良くなる場合もあるようです。

ストレスの原因が取り除かれるのが一番いいのですが、

自分の好きなことをしてみるなどして

なるべくストレスを抱えないようにしましょう。

野菜中心の食生活で、コラーゲンも摂取しましょう

アトピーによるほうれい線を薄くするのには、

食事の改善も必要です。

食事は野菜中心にして、

ビタミンやミネラル分をきちんととりましょう。

アボカドなどの良質な油を取りましょう。

また、ほうれい線やしわの対策に

コラーゲンやヒアルロン酸をとるのもいいでしょう。

ビタミンCなども一緒に取りましょう。

肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンの分泌は

夜寝ている22~2時までの間に分泌されます。

夜更かしなどをしている場合には

早く布団に入るなどして

睡眠もきちんととるようにしましょう。

日ごろのケアとしては、

しわ対策用の美容液を

ほうれい線に塗る事をオススメします。

食べ物を改善するだけでも

アトピーはかなり良くなりますので、

スイーツやお肉などはほどほどにして、

刺激の少ないものを取るようにしましょう。

顔の体操も合わせて行って表情筋を鍛えて、

ほうれい線を目立たなくしていきましょう。

あいうえお、と大きく口を開いて

言うだけでもかなり違いますよ。

試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする