ほうれい線改善にはセラミド!

ほうれい線を気にする方は

コラーゲンのことをよく耳にすると思います。

セラミド」も実はほうれい線には

とても重要であることはご存知でしょうか。

コラーゲンやセラミドは乾燥や表情筋の衰えに関係し、

加齢と共に減少していきます。

セラミドの場合、

50歳で20代の半分くらいにまで減少してしまいます。

ほうれい線予防や対策を心がけるのなら、

セラミドを増やす必要があります

セラミドとほうれい線の関係とは?

エイジングケアにおいても重要とされる「セラミド」は、

コラーゲンやヒアルロン酸と並ぶ3大保湿成分の一つです。

スキンケア用品のほとんどにセラミドも配合されていますので、

耳にした事がある方も多いはずです。

セラミドは細胞と細胞を結ぶ役割をもっていて

「細胞間脂質」とも呼ばれています。

他の細胞間脂質成分もありますが、

全体の4割ほどを占めるセラミドの重要性は高く、

水分を保持する機能を持っているので、

セラミドの減少は水分の減少といっても過言ではないのです。

乾燥の大きな原因となっているのも、

この様な現象が起こっているからです。

セラミドが減少すると、

配列に乱れが生じて隙間ができます。

その隙間から紫外線など

外部の刺激がお肌の奥に侵入します。

本来外部からの刺激に対するバリア機能持つセラミドが

減少しているので、お肌はダメージを受け、

ターンオーバーが乱れ、肌トラブルを起こしてしまいます。

セラミドが減少し失われる事で、

お肌の老化が一気に進んでしまいます。

お肌の水分が蒸発しやすくなり、乾燥し、

シワが目立つようになります。

ほうれい線の原因にもなります。

セラミドはお肌の奥の基底層で生まれ、

ターンオーバーを繰り返して角質層に押し上げられたときに

細胞間脂質に放出されます。

水分を抱え込む力があるセラミドは

保湿には欠かせません。

もともとお肌の働きによってつくられる、

お肌そのものが持つ潤いの元だからです。

しかし、お肌の老化や生活環境の変化によるストレスなどで、

作られるセラミドの量が減少してしまうので、

お肌が乾燥しやすくなって

さまざまな肌トラブルを招いてしまうのです。

セラミドには何種類かありますが、

ヒト型ナノセラミド」と呼ばれているものが、

今現在では浸透力が高く

小ジワなどにも効くと人気があります。

セラミドと併用して使うと効果のある成分

ほうれい線対策と聞くと、

コラーゲンやヒアルロン酸と思い浮かびますが、

実はコラーゲンは分子が大きい為、

表面から美容液などで補給しても

肌の奥まで浸透していない事がほとんどなのです。

ヒアルロン酸も肌の奥にあるので、

表面からの補給ではなかなか

奥まで浸透しない事がほとんどです。

では、どうすればお肌の奥まで浸透し、

表皮だけでなく真皮まで活性化できて、

なおかつほうれい線に効果があるのでしょうか?

ほうれい線を撃退し予防するには、

コラーゲンやヒアルロン酸を生成し、

肌を活性化できる成分を使用すれば、

肌の再生力が戻ってきます。

「セラミド配合」の美容液に

再生力のある成分が入っている物を選びましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は名前の通り「ビタミンC]です。

ビタミンCは空気に触れると酸化します。

それを防ぐ為に酸化しないように

加工された成分がビタミンC誘導体になります。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を

促進する作用があり、たるみ改善に働きかけてくれます。

レチノール

肌の新陳代謝アップに効果があり、

肌トラブルの救世主とも呼ばれるほどの成分です。

肌のたるみ、乾燥に効果を特に発揮してくれるので、

ほうれい線にも効果があります。

肌の再生力を助けてくれるので、

コラーゲンの生成、セラミド層の正常化、

肌の乾燥やたるみ改善と

肌トラブルになくてはならない成分です。

正しいスキンケアを行った後で、

有効成分の入った美容液などを使って保湿し、

肌トラブルの改善をすれば、

ほうれい線も予防できます。

ほうれい線ができてしまった方も

美容液は重要ですので、

成分表を良くみて購入する事をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする