ほうれい線に効果のあるダーマペンとは?

新しい美容施術の一つにダーマペンがあります。

聞きなじみのない言葉かもしれませんが、

ダーマペンはほうれい線に効果があると言われています。

ダーマペンとは

マイクロニードルを使っていくものになります。

十数本のマイクロニードルを高速で肌に当てていき、

お肌に必要な栄養を撃ち込んでいくことと

細胞に直接振動与えることで活性化を促していきます。

ほうれい線の原因の一つに加齢があります。

加齢によって失われるものとして

コラーゲンの生成などがありますが、

ダーマペンはコラーゲンをお肌の奥まで届けることができます。

コラーゲンは肌細胞はもちろんですが

細胞の栄養素の一つであり

細胞を活性化させるのにも必要な成分です。

ダーマペンはコラーゲンはもちろん、

個人によって必要なものを

お肌の奥に届けることができ、

ほうれい線を内側からケアしていく

画期的な方法といってもいいでしょう。

ダーマペンはどこで受けることができるの?

ダーマペンの施術は美容外科や

歯科口腔クリニックなどで受けることができます。

費用なども回数などで変わってきますが、

1回15,000~30,000円前後で受けることができ、

1回目からしっかりとした効果を

施術後に感じることができるのも特徴といえます。

ダーマペンはほうれい線以外にも、

ニキビ跡や妊娠線などにも効果があり、

施術後は自力でのコラーゲン生成が可能になることも多いです。

そのため、傷をつくることのない

プチ整形の進化版として話題を集めています。

施術時間は30分もかからない

ダーマペンは十数本のマイクロニードルを

お肌に撃ち込んでいくものであり、

施術時間は30分もかからずに終わります。

メスなども使用しないので

切らない美容整形の一つになり、

プチ整形という人も少なくはありません。

お肌にマイクロニードル撃ち込むことで

自然治癒力をたかめ、

傷跡の回復などを促しやすくなるので、

この効果がほうれい線にも反映されてきます。

マイクロニードルを撃ち込んでいきますが、

麻酔を使用しているので痛みはありません。

施術後も目立つような痛みが出ないのも

ダーマペンのメリットであり

人気を集めている理由でもあります。

心配な場合は施術後にクリニックで

痛み止めなどを処方してもらうことも可能です。

ダウンタイムはどれくらいなの?

ダーマペンは従来のダーマローラーよりも

ピンポイントで効果を出していくことを目的としており、

施術可能箇所も大きく広がっています。

当日のメイクは不可のクリニックが多いですが、

痛みや腫れなどは施術直後に少しある程度で

2~3日程度で腫れや赤みなども退いていきます。

施術後2週間ほどは紫外線対策などを

しっかりと行っておくことなどが

必要事項になることもありますが、

副作用などもほとんどありません

マイクロニードルを使用するので

軽い鬱血や色素沈着などが当日~3日ほど

おきることもありますが、

自然にこれらも消えていきます。

(消えない場合などは施術したクリニックなどで

ケアを受けられることがほとんどです)

ほうれい線に対する新しい美容法

加齢によるコラーゲンの減少は

お肌のハリはもちろんですが

乾燥も招いてしまいます。

乾燥はほうれい線の原因として大きくかかわっており、

ダーマペンでコラーゲンの自力生成を可能にすることは

お肌そのものを若返らせることにも繋がります。

ダーマペンは価格帯なども

美容整形の中ではお手軽な部分になり、

施術でも誰かに気づかれるような傷などもできません。

当日に帰宅できる美容整形であり、

ほうれい線はもちろんですが

肌質や肌年齢の改善を一緒に行うこともできるので、

ほうれい線の新しい改善方法として

今最も注目を集めているといってもいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする