ダイエットしたらほうれい線が目立つように?!

ダイエットをして体は細くなったのだけれど、

顔にほうれい線が目立つようになった

ということはありませんか?

ダイエットをしたから、

ほうれい線が目立つようになるわけではないようです。

ダイエット方法に問題があると

ほうれい線が目立ってしまいます。

ダイエットでなぜほうれい線が?

ダイエットを行うとカロリー制限や食事制限によって、

十分な栄養が供給されずに、

ほうれい線が出来る場合があります。

お肌のハリや弾力を保つためには、

コラーゲンが必要になります。

コラーゲンはお肌の奥にある真皮層にある主成分で、

お肌の弾力や保水力を維持する働きをしています。

最近はスキンケア製品の中にも

コラーゲン入りの製品が増えていますが、

食品からもコラーゲンを摂取して、

体内からバランスをとることが必要になります。

ダイエット中はカロリー制限のため、

お肉などを食べない方も多いようですが、

お肉の中にはコラーゲンがたっぷり含まれているのです。

豚の三枚肉や鳥の皮にもコラーゲンは含まれています。

ダイエット中はこれらのものを敬遠するので、

体内のコラーゲンが不足がちになります。

また、ダイエットのため、

食べたいものを我慢しているというイライラが、

しみ、たるみやほうれい線を増やす原因にもなります。

イライラすると体内で活性酸素が増えます。

体の中のビタミンCなどは活性酸素を

除去するために使われるので、

体がビタミン不足の状態になるからです。

しみやしわなどの改善には抗酸化ビタミンが不可欠です。

ビタミンA,C,Eを積極的に摂取して、

さびない体、美肌を作るようにしましょう。

ダイエットが原因と思われるほうれい線を目立たなくするには?

ダイエットを行う際には、

コラーゲンを積極的に摂取するようにしましょう。

野菜中心とはいえ、肉や魚などもきちんととって

コラーゲンやたんぱく質を補給するようにしましょう。

サバやサンマ、ぶりなどの脂の多い魚にも

コラーゲンは多く含まれていますので、

積極的に摂取したいですね。

お肉やお魚を上手に取り入れることで、

ダイエットをしても、

たるみやほうれい線の目立たない

お肌になることができますよ。

ビタミンC、ビタミンE,ビタミンB2、

ビタミンB6やコエンザイムQ10などは、

コラーゲンを生成する働きがありますので、

積極的に摂取したい栄養素です。

コラーゲンと一緒に取るとより効果的です。

また、ダイエットを行う際には、

ストレスを溜めないようにしたいですね。

栄養をしっかり取りつつ、運動も取り入れて、

余計な糖質や脂質は燃やしてしまいましょう。

運動することで、気分もリフレッシュできますし、

基礎代謝のアップにもつながりますね。

たんぱく質もきちんと摂取しましょう

カロリー制限によるたんぱく質の不足も、

ほうれい線が目立つ原因になります。

顔には表情筋というのがありますが、

たんぱく質が不足するとその筋肉も衰えてしまいますので、

きちんと栄養を取ることが必要になります。

たんぱく質はお肉や魚から取ることもいいですが、

卵や大豆製品からも取ることが出来ます。

卵は完全栄養食ともいわれているほど、

栄養豊富な食べ物ですので、

毎日一つずつでもダイエット中でも摂取したいですね。

タンパク質からコラーゲンを生成するのには

ビタミンCも必要になりますので、

果物などでビタミンCを補給するといいですね。

サプリメントよりもできるだけ食品から摂取した方が、

吸収が良い場合もあります。

良質なたんぱく質を取って、

お肌にハリと潤いを取り戻していきましょう。

良質なたんぱく質やコラーゲンで栄養分を補いつつ、

あいうえお体操などを行って、

顔の表情筋を鍛えていくのをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする