なぜほうれい線と太腿のケアは関係あるの?

太もものケアをするとほうれい線にも効果がある

こんなクチコミを聞いた人も少なくはないかと思います。

ほうれい線のある顔と太ももは離れているけれど、

どんな関連があるの?と思う人は

少なくないのではないでしょうか。

太ももやふくらはぎのマッサージやツボなどは

ほうれい線に効果があると

東洋医学では古くから取り入れられており、

自宅でもできるほうれい線のケアとして

注目を集め始めています。

太ももと代謝をつかさどる部分

太ももやふくらはぎは

水分や老廃物が溜まりやすくなり、

セルライトなどの発生が起りやすい部分です。

なんだか太ももやふくらはぎが張っているなぁと、

自覚症状がある場合は、

ほうれい線が深くなっていることも多いのですが、

これは体の皮膚は一枚につながっているからなのです。

体の中でも大きな筋肉である、太ももの筋肉が衰えると、

全体の代謝も低下してしまいます。

そうなると、皮膚もたるみ、

重力などで下に引っ張られてしまい、

たるみやほうれい線が深くなってしまったりするのです。

下半身の筋肉を鍛えることで

老廃物の排出やむくみが緩和され、

体全体の細胞が活性化されるのです。

そして、ほうれい線にも効果が出やすくなるのです。

ほうれい線とは無関係に思える下半身を鍛えることが、

体全体の健康と美容効果があるだけでなく、

実はほうれい線対策にもなっていたのです。

太ももを鍛えるには?

太ももを鍛えようと思っても、

実際どうしたらいいのかしら?と悩みますよね。

太ももをケアするとしたら、

最初に筋トレを思い浮かべる人も多いかと思います。

しかし、最初からハードなトレーニングをしても

あまり効果は感じられないことが多いです。

最初のうちは太ももの筋肉を使うことに

慣れることが大事です。

最初からいきなりハードなトレーニングを行うと、

長続きすることが難しいので、

最初のうちは階段を上り下りすることで

太ももの内側を鍛えていくことがオススメです。

また、最近スクワットが話題ですが、

スクワットは体の大きな筋肉を刺激し、

代謝の促進、脂肪燃焼の効果があります。

正しいフォームで行えば、背筋を鍛え、

骨盤のゆがみを直してくれる効果もあります。

ほうれい線のケアは続けることが大事

太もものケアを始めれば

すぐにほうれい線に効果があるのかしら?と

思うかもしれませんが、これには個人差があります。

顔全体のむくみなどが一時的に解消したことなどで

ほうれい線に効果を感じることはあるかもしれませんが、

ほうれい線に限らず

お肌のケアで大事なことは『継続』です。

毎日の生活に取り入れやすい、

「つま先立ち」で歩いてみる、

エスカレーターの代わりに階段で上り下りをするなど、

1日5~10分の運動を行うことで、

太ももを鍛える習慣を作りましょう。

少し先への外出ならば

積極的に歩いてみる程度でも

十分な効果を出すことができます。

できるだけ自分で負担に思わず、

比較的生活に取り入れやすい動作を続けることで、

代謝が促進され、

水分や老廃物が排出されやすくなります。

人の体は皮膚一枚で全部つながっていて、

お互いが引っ張り合ってバランスを取っているので、

太ももの内側の筋肉を鍛えれば、

皮膚が下に引っ張られるのを防いでくれるのです。

そして、結果的にほうれい線と

縁遠くなっていくようになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする