ほうれい線に歯の矯正が関係しているの?

ほうれい線を気にする女性は非常に多いです。

これはほうれい線があることで、

年齢がぐっと老けて見えることや

美容面でのマイナス効果が大きなことに起因しています。

ほうれい線の改善方法の一つに

「歯科矯正」を上げる人がいます。

これは歯科矯正を行っている間に

ほうれい線が目立たなくなっていたなどの声であり、

歯科矯正器具などで

ほうれい線が治せるということではありません。

歯科矯正とほうれい線に共通しているのは「出っ歯」です。

出っ歯の矯正の為に歯科矯正を行ったところ、

ほうれい線が目立たなくなったという方もいて、

歯列矯正でほうれい線が改善される場合もあると思われています。

ほうれい線のほかにも顎関節痛や

偏頭痛などにも効果を感じたという方もいらっしゃいます。

口元のコンプレックスがなくなることで、

様々な効果が引き起こされたのかもしれませんね。

ほうれい線と歯科矯正との関係

ほうれい線と歯科矯正は

必ずしも関係があるとは言えません。

出っ歯の矯正などの際に

ほうれい線が増えたという方もいれば

消えたという方の場合もあります。

実際のところ、

ほうれい線と歯列矯正とはあまり関係がないようです。

出っ歯の場合は口元が突出しやすく、

噛みあわせなども悪いことからほうれい線ができやすく、

歯科矯正を行って、歯並びを直すことで

今まであったほうれい線が

消えていくことに繋がっていったようです。

また、出っ歯の場合は鼻の下が長く見えることなどからも

美容面のマイナス面が加味されて、

よりほうれい線が目立ってしまうようです。

ほうれい線は乾燥やストレスなども大きく関係しています。

歯科矯正で噛み合わせがよくなったりすることで、

ストレスが軽減され、

顎関節症や片頭痛が改善されることで、

ほうれい線の改善につながっているのかもしれません。

ほうれい線を改善させるために

歯科矯正を行うというよりも、

歯科矯正を行ったらほうれい線が薄くなったりした

という可能性があると言えます。

歯科矯正のほかにほうれい線と歯の関係はあるの?

ほうれい線のできる原因の一つに歯列の乱れがあります。

歯列の乱れなどは無意識に口を閉じたりする回数が増えたり、

口元を隠してしまうことがあるので

ほうれい線ができやすくなっているとも言われています。

出っ歯を始め、歯列の乱れなどは

口が前に出やすくなってしまい

肌が引っ張られてしまうことなども関係してきます。

他にも、口呼吸が原因で

ほうれい線ができることもあります。

これは口の周りの皮膚の乾燥などを

促しやすくなってしまうからです。

出っ歯の方は、口が閉じず、

いつも半原期のような状態になりがちです。

口の周りの筋肉が衰え、

シワができやすい状態になってしまうのです。

歯科矯正で口元のケアを行うことが、

結果としてほうれい線のケアにつながることになるのです。

ただ、抜歯を伴う歯列矯正の場合、

口元が内側に後退するので

ほうれい線が目立ちやすくなる場合があります。

また、歯列矯正の矯正装置を装着することで

あごの動きが少なくなり、

表情筋が衰えてほうれい線が目立ってしまう場合もあります。

ほうれい線はあごの筋肉の衰えや表情筋の衰えでも出てきます。

歯科矯正を行うことで歯並びを気にしていた方が

人目を意識せずに笑えるようになったりして、

表情筋を鍛えることもできるようになります。

そしてそのことが、結果的に

ほうれい線の改善へと繋がっていったりします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする