ほうれい線は老けた印象のもと!効果的な対策と予防は?

ほうれい線があると老けた印象になりがちですよね。

スタイルが良くても、オシャレでも

ほうれい線があれば実際の年齢より

年上に見られてしまうことも少なくないんです。

しかし、ほうれい線は年齢を重ねると

ほとんどの人にできるもの。

予防や対策をしても、効果がないと

諦めている人もいるんじゃないでしょうか?

もし、ほうれい線が気になっているなら、

諦めるのはダメ!

ほうれい線は早めに対策や予防をすると、

悪化を防げるから、

年齢を重ねても若い印象をキープできるんですよ。

老けた印象を与えてしまうほうれい線が気になったら、

エクササイズや日常生活の改善でハリのある肌を目指しましょう!

老けた印象のもと!今すぐできるほうれい線対策とは?

ほうれい線は老けて見えるもと。

きれいなスタイルをキープしたり、

オシャレに気をつかったりしている人でも、

ほうれい線があるだけで実年齢より

上のような印象をもたれてしまいますよね。

年上に見られたくない人は、

今からできる対処法でほうれい線の悪化を防ぎましょう!

ここでは、ほうれい線対策を2つ紹介しますね。

割り箸を使ったエクササイズ

ほうれい線の原因の一つが顔にある表情筋の筋力低下。

表情筋は皮膚の下にあって、

皮膚を支える役割を担っていますが、

加齢などの影響で少しずつ筋力が低下します。

表情筋の筋力が不足すると、

顔の皮膚や脂肪を支えきれなくなって、

顔がたるみ、ほうれい線ができてしまうので、

ほうれい線の対処をしたいときは表情筋を鍛えましょう。

表情筋を鍛える方法としておすすめなのが

割り箸を使ったエクササイズです。

割り箸を使ったエクササイズの方法

1.割り箸を上下の歯でくわえる。

2.できるだけ口角を上げる。

3.口角が下がらないように中心ながら1分キープする。

このエクササイズは隙間時間で簡単にできることが魅力的。

割り箸があればいつでもできるので、

テレビを見ているときなどにやるのもおすすめです。

適切なスキンケアをする

肌が乾燥していると、外部の刺激に弱くなるので、

紫外線の影響を受けやすくなります。

紫外線は皮膚の弾力をキープするコラーゲンやエラスチンを

作り出す細胞の働きを弱めてしまうので、

ほうれい線が気になったら、適切なスキンケアを心がけましょうね。

化粧水や乳液、美容液、クリームなどを使って

しっかりと保湿すると、

外部の刺激に対して強い肌を作れますよ。

朝は日焼け止めを塗るのも忘れないようにしてね。

ほうれい線の予防には生活習慣の改善も大切

一度できてしまうと消すのが難しいほうれい線は予防も大切。

ほうれい線を予防したいときは

生活習慣を見直してみるのが効果的ですよ。

睡眠時間を確保する

睡眠中に分泌量が増える成長ホルモンは

コラーゲンやエラスチンを作る細胞の働きを活性化してくれます。

ですので、ほうれい線を予防したいときは

ぐっすりと眠ることが大事。

忙しい人もできるだけ睡眠時間を確保して、

成長ホルモンの分泌を促しましょう。

姿勢を正す

デスクワークをしたり、長時間スマホを使ったりしていると、

気づいたら姿勢が悪くなっていますよね。

姿勢が悪いと、血行が悪くなって

お肌の細胞に栄養が行き渡らないから、

コラーゲンやエラスチンが不足してしまいやすいのです。

だから、ほうれい線を予防したいときは

しっかりと背筋を伸ばして血行を改善するのが大切です。

バランスの取れた食事をとる

ほうれい線のない美しい肌を目指すなら、

バランスの取れた食事も大事です。

特に、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると、

お肌が老化してしまうから気をつけましょうね。

体重管理を適切に行う

厳しいダイエットをすると、

皮膚が垂れてほうれい線ができてしまうことがあります。

反対に脂肪が付きすぎたときも、

筋肉が脂肪の重みを支えられなくなって、

ほうれい線ができてしまうので、

ほうれい線を予防したいときは適切な体重管理も心がけてね。

ほうれい線は老け顔の原因の一つ。

実年齢より老けた印象を持たれる方はほうれい線対策をして、

若々しい印象をゲットしましょう。

一度できてしまったほうれい線を消すのは

簡単ではないのですが、コツコツ努力すれば、

少しずつほうれい線は目立たなくなっていきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする