ペプチド美容液でほうれい線にハリを!

ペプチド美容液を用いることで、お肌にハリや弾力が生まれて、

ほうれい線の目立たないお肌に近づくことができます。

ペプチド美容液についてご紹介していきましょう。

機能性ペプチドでほうれい線対策

エイジングケアの化粧品に配合されているのは

主に機能性ペプチドという種類です。

肌や骨、髪、爪、筋肉などの

体のいろいろな器官に作用することで、

細胞の再生能力を高めます。

機能性ペプチドを配合した化粧品を使うと、

角質層のコラーゲンやヒアルロン酸の量が増えて、

肌の新陳代謝のサイクルが正常化するために、

紫外線による肌のダメージなどが回復します。

そのために、しみやしわ、ほうれい線の改善にも効果が期待できます。

肌そのものを強くしたり、

血液やリンパの流れをよくする効果もあるので、

使い続けるうちに、お肌が丈夫になることから、

トラブルに負けない素肌を作ることも可能です。

ペプチドの種類と効果

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)

EGFは「Epidermal Growth Factor」の略です。

お肌の表面に存在する受容体と結びついて、

新しい細胞の生成を促す作用を持っています。

肌細胞が活性化して、本来の働きを取り戻すことで、

ターンオーバーのサイクルが整い、

古いシミやしわやたるみ、

くすみなどの肌トラブルが改善されていきます。

FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

FGFは「Fibro oblast Growth Factor」の略です。

全部で23種類の組織から形成されています。

EGFと異なる点は、EGFは肌表面で作用するのに対して、

FGFは肌の奥深くで機能する物質であります。

繊維芽細胞を活性化させて、

コラーゲンやエラスチンなどの生成量を増やすことで、

しわの改善に効果を発揮しますので、

口の周りのほうれい線にも効果が期待できます。

IGF(ヒトオリゴペプチド-21)

IGFは(Insulin-like Growth Factor)の略で

インシュリンに似た構造を持ちます。

ダメージを受けた細胞を再生させることや、

皮膚内に溜まった老廃物を

外へ排出させる効果が期待できるために、

エイジングケアには有益なペプチドです。

しわやたるみを改善して、若々しい素肌へと導いてくれます。

その他にもぺプチドが配合されている場合が多く、

光老化によるコラーゲンの破壊を防ぎ、

表皮のダメージを修復・再生させる効果のあるのがヘキサペプチド-9。

三つのアミノ酸で構成されていて、

細胞にエネルギーを与えてターンオーバーを促すことで

たるみを改善させるトリペプチド-3。

表皮と基底膜をつなぐたんぱく質の生成を促し、

皮膚の老化を防ぐオリゴペプチド-6。

「アルジリン」とも呼ばれる成分で、

紫外線によってダメージを受けたコラーゲン繊維を

再構築させるアセチルヘキサぺプチド-3などがあります。

ペプチド化粧品を使って上手にエイジングケアを

このようにペプチド化粧品を使うと

お肌の表面と奥底の両方からハリとつやのある素肌へと

導かれていきます。

コラーゲンをそのまま補ってもなかなか真皮層まで到達しませんが、

ペプチドを補うことで、お肌の奥から肌そのものが

活性化する効果が期待できます。

ペプチド化粧品をうまく使うことで、

ほうれい線の部分にハリが生まれて

ほうれい線が目立たくなることが期待できます。

ペプチド化粧品を使う場合には、

添加物などが少ない商品を選ぶといいでしょう。

ペプチドでお肌本来の活性を取り戻すことによって、

ほうれい線のない素肌に近づくことが可能です。

使用する際には、香料や防腐剤は配合されていない

化粧品を選ぶようにしましょう。

ペプチド化粧品はお肌の新陳代謝を活発にして、

古い老廃物を取り去って

新しい細胞が生まれ変わるように促すことができる化粧品です。

ハリのある素肌へとお肌が変化していきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする