鼻翼基部プロテーゼでほうれい線が消えるって本当?

ほうれい線を今すぐどうにかしたい!

そんな時に最も効果があるのは美容整形です。

中でも鼻翼基部プロテーゼ

ほうれい線に大きな効果があり

人気の高い施術の一つになっています。

鼻翼基部プロテーゼの使用で、ダウンタイム終了後は

半永久的な効果を得ることが出きるので

深いほうれい線に悩んでいる場合には

プロテーゼ(鼻やあごなど形成したい部位に挿入される

人間の軟骨に近い手術用素材)の

使用も視野に入れていく人も多いです。

鼻翼基部プロテーゼがほうれい線に効果的な理由

鼻翼基部(小鼻のつけ根部分)が沈んでいると、

ほうれい線が深く見えたり、

口元が前に出ているように見えてしまいます。

この部分の沈み込みを改善すると、

上品で優しい口元に見えることから

鼻翼基部プロテーゼは「貴族手術」とも言われます。

また、顔が立体的になり、

ほうれい線が薄くなったりするため

若々しく見えたりします。

美容外科手術のプロテーゼというと、

心配する方もいらっしゃるでしょうが、

局部麻酔を行うので痛みもほとんどなく、

ダウンタイムの間の諸注意を守るだけで

最も確実に短時間で気になる

ほうれい線を消すことができる方法です。

鼻翼基部プロテーゼとは

プロテーゼというと芸能人やモデルなどが

鼻筋などをしっかりとつくり、

鼻を高くするためのもの、

「隆鼻」というイメージがあるかもしれません。

しかし、鼻翼基部プロテーゼは

鼻を高くするものではなく、

鼻翼や鼻柱(鼻の穴と穴の間の部分)の沈み込みに

プロテーゼを入れて持ち上げるので、

平面的に見えた顔立ちが

立体的で若々しく見えるようになります。

プロテーゼの形は個人に合わせたオーダーメイドのものです。

唇の裏側から鼻翼基部にプロテーゼを挿入していき、

溶けていく糸で縫合します。

この糸はの間に肌の中に吸収されていくものになり、

皮膚に残留することはありませんし、

口の中から挿入していくので、

顔に傷がつかないので他の人に気づかれにくいです。

施術に注意するポイント

鼻翼基部プロテーゼの施術後2週間程度で抜糸します。

個人差がありますが、痛みや腫れは

予想よりも少ないという方が多いです。

ただ、鼻がかみづらかったり、

大きく口をあけて笑うことが少しやりにくい、

という方も少なくないです。

上唇や頬の動きによっては

プロテーゼが動いてしまうこともあります。

また、歯磨きの際はブラシが

患部にあたらないように磨くことが必要です。

そのほか、入浴や飲酒、喫煙は

術後1週間は控えることが必要です。

就寝時は上半身を高くして、

上向きで寝る、横向き・うつ伏せは

3か月ほど控えることが重要です。

手術なので、術後のケアは

医師にしっかりと確認するようにしましょう。

鼻翼基部プロテーゼは小鼻のつけ根部分にメスを入れ、

個人に合った形のプロテーゼを挿入し、

尾翼部分を高くすることでより顔が立体的になります。

その結果、若々しく見えたり、

ほうれい線が薄くなったり、消えたりする効果があります。

傷口の残らない手術で、手術時間が短時間で終わり、

安全性も高く、効果の持続性などからもおすすめの方法といえます。

手術自体は1時間程度で、

その日のうちに帰宅できるしメイクも可能なので、

体にリスクのない手術として

鼻翼基部プロテーゼの導入を考えるのも一つの方法かもしれません。

ただ、費用や安全性などよく考え、

カウンセリングを受けてから

施術を受けるようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする