喫煙によってほうれい線が出来る理由とは?

タバコは美肌を保つためには止めた方がいい習慣です。

喫煙をすることによって、しみやしわが増えて、

ほうれい線なども目立つようになり、

老けた印象を与えることが多いです。

いつまでも美しく若々しい印象を与えるために、

喫煙の害などについてよく理解していきましょう。

喫煙によりほうれい線が目立つ原因とは?

喫煙は血流の悪化を招く。

喫煙がお肌に良くない理由の一つには

血流の悪化を招くためであると言われています。

タバコには血管を収縮させる作用があります。

この血管の収縮によって、

食事やスキンケアから取り込んだ栄養分が

十分に行きわたらないという現象が起きます。

血流が悪くなると、栄養分がいきわたらず、

お肌のターンオーバ機能も乱れますので

お肌が乾燥しやすくなり、十分な保湿が出来なくなります。

すると、お肌の水分が逃げている状態になり、

お肌にはしわなどがくっきりと刻まれることになり、

目じりのしわやほうれい線などが目立つようになるのです。

喫煙によって体内に活性酸素が増加する。

もう一つの理由としては、喫煙をすることにより

タールなどの有害物質が体の中に入りますので、

それを守るために、体には活性酸素が増えます。

活性酸素は、タールなどの有害物質の他にも、

体の細胞なども攻撃します。

活性酸素を取り除くために、

細胞ではメラニンが作られていきます。

メラノサイトが活発に働くようになります。

活性酸素は細胞を傷つけるので、

活性酸素を排出させようと

体のビタミンCなどが使われるようになります。

せっかく食事などでビタミンを補給しても、

体を健やかに保つためではなく、

喫煙による活性酸素を除去するために

ビタミンCが使われてしまい、

ビタミンC不足の状態になります。

すると、コラーゲンやヒアルロン酸などの

お肌の弾力やハリを支える成分の生成にマイナスになるので、

しわやほうれい線が目立つようになります。

喫煙をするために屋外に出ることにより日焼けも!

最近は喫煙者への視線が厳しくなり、

喫煙するときには外に出ることが多いです。

ベランダなどで吸っている方もいますが、

屋外に出るということは日焼けをすることにもなります。

紫外線を浴びる機会が増えることで、

お肌が老化するスピードが上がります。

喫煙は百害あって一利なしです。

お肌にシミを作らないためにも、

紫外線を浴びる機会も減らすといいでしょう。

ほうれい線が気になる場合には禁煙するのも手!

喫煙によるほうれい線の改善には、

禁煙を行うことが一番です。

ずっと吸っていたものを突然やめることは

ストレスが溜まって難しいですので、

本数を減らしていき、

ニコチンガムなどの別のもので代用して、

禁煙してみてはいかがでしょうか。

また、たばこを吸っていない場合でも、

たばこを吸っている方が身近にいる場合には、

その副流煙もほうれい線の原因になりますので、

注意しましょう。

禁煙を始めたら、スキンケアや食事の管理などで、

ビタミンやミネラル類をきちんと摂取するようにしましょう。

スキンケアでお肌から浸透させるのもいいですし、

フルーツなどをとってビタミンを補給するのもオススメです。

お肌は乾燥するとしわやほうれい線が目立つようになりますので、

保湿をしっかり行いましょう。

化粧水をしっかり塗って保湿を行った後には、

乳液やクリームなどで顔に蓋をして

水分をしっかり閉じ込めてください。

若々しい素肌を維持するには、

体に有害なタバコなどは極力避けるようにしましょう。

すぐに禁煙が難しい方は、禁煙外来もありますし、

ニコチンガムで代用する方法もあります。

健康やお肌のためにも禁煙することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする