見落としがちな原因!ストレスでほうれい線ができる理由と対策

ほうれい線は老け顔の原因。

年齢を重ねた人にできるイメージが強いですよね。

でも、最近は20代や30代でほうれい線に悩む人が増えてきたのです。

まだ若いのに、ほうれい線が目立ってくる場合、

原因として考えられるのが、ストレスの影響。

最近はストレスに悩む人が多いので、

ストレスが原因で深くなるほうれい線に

困っている人も増えてきているんですよ。

ここでは、ほうれい線とストレスの関係について

紹介していきますね。

見落としがち!ストレスでほうれい線が増える理由とは?

人間関係や仕事で悩みや疲労が溜まると、

ストレスが蓄積されるのですが、

一見ストレスとほうれい線は無関係に思えますよね。

ストレスが原因でほうれい線ができるのは、

どうしてなんでしょうか?

まずは、ストレスがほうれい線を悪化させる

3つの理由について見ていきましょう。

・自律神経が乱れる

私たちの体には、内臓を動かしたり、

血圧や体温を調節したりする自律神経が備わっています。

自律神経は活動している時に活発に働く交感神経と

休んでいる時に活発に働く副交感神経で成り立っていて、

二つのバランスが整っていることで

健康が保たれているのです。

しかし、ストレスを感じると、体や心が休まらないので、

常に交感神経が活発に働いてしまいます。

すると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて

さまざまな症状が起きてしまうのです。

例えば、血行不良も自律神経の乱れから起こる症状の一つ。

血液には体の隅々に酸素や栄養素を運ぶ働きがあるので、

ストレスで血行が悪くなると、

お肌を作る細胞に栄養が行き渡らくなり、

健康的なお肌を作れなくなってしまうのです。

それに、ストレスで自律神経が乱れると、

お肌のハリを維持するコラーゲンの生成を助ける

女性ホルモンも不足するから、

少しずつお肌にハリがなくなっていくのです。

お肌にハリがなくなれば、

重力に負けたお肌が垂れて、

ほうれい線になってしまうんです。

・ビタミンCの不足

私たちがストレスを感じると、ストレスに対抗するための

抗ストレスホルモンが分泌されるのですが、

抗ストレスホルモンを作るためには

大量のビタミンCが必要です。

ですので、慢性的にストレスを感じている方は、

ビタミンCが不足しがちなんですね。

ビタミンCにはお肌のハリと弾力を守るコラーゲンや

エラスチンの生成を助ける作用があるので、

不足するとお肌にハリがなくなって、

ほうれい線ができてしまうのです。

・表情が乏しくなる

ストレスを感じると、表情が暗くなりがち。

嫌なことがあったり、疲れていたりすると、

あまり笑わなくなるから、

表情を作る時に使われる筋肉が使われなくなります。

筋肉が使われなくなって起こるのが、筋力低下。

お肌の下にある筋肉にはお肌を支える役割があるので、

筋力が低下すると、お肌を支えられなくなって、

お肌がたるみ、ほうれい線が悪化してしまうのです。

自分に合った解消法でストレスを発散!

現在の日本はストレス社会と言われているほど、

多くの人がストレスに悩んでいます。

ですので、全くストレスを感じない生活を送ることは難しいんですね。

ストレスが原因でほうれい線が悪化している方は、

自分に合ったストレス解消法を見つけて、

ストレスをため込まないようにしましょう。

多少のストレスを感じても、上手く発散できれば、

自律神経の乱れやビタミンCの不足などを予防できますよ。

ストレス解消法の例

・友達と話す

・趣味を楽しむ

・軽く運動する

・ゆっくりと湯船につかって入浴する

・カラオケで歌う

ほうれい線対策にはスキンケアも大事!

ほうれい線対策と言えば、

スキンケアを思い浮かべる人が多いですよね。

しかし、化粧品にストレスを発散させる効果はないので、

ストレスが原因のほうれい線は

スキンケアで改善するのは難しいのです。

そうは言っても、スキンケアは大事。

ストレスで不足したビタミンCやコラーゲン、

エラスチンを補うとほうれい線の悪化を予防できるので、

ストレス発散と同時にスキンケアも頑張りましょう。

丁寧にスキンケアを続けていると、

加齢が原因で起こるほうれい線の悪化も食い止められますよ。

ストレスが溜まっていると自律神経が乱れたり、

ビタミンCが不足したりして

ほうれい線ができやすくなります。

美肌を守りたい方は自分に合った方法で

できるだけストレスを解消して

お肌の状態を整えるようにしましょう。

ストレスを解消すると、

きれいなお肌をキープできることに加えて、

健康にもつながりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする