なぜ日焼けでほうれい線ができるの?

日焼けして、こんがり小麦色のお肌は

健康的に見えますよね。

でも実は、日焼けでほうれい線ができるというのを

ご存知の方はあまり多くありません。

日焼けとほうれい線の関係

実際のところ、ほうれい線に

最も影響与えるのは紫外線であり、

特に紫外線A波(UVA)です。

紫外線には紫外線A波と紫外線B波(UVB)があります。

UVBは波長が短い代わりにエネルギーが強く、

短時間でお肌を焼いてしまうので、

メラニン色素が過剰に分泌され、

シミや色素沈着の原因になります。

UVAはエネルギーはそれほど強くないのですが

波長が長く、お肌の奥深くまで到達し、

真皮にあるお肌の弾力を保っている

コラーゲンを傷つけたり破壊したりします。

真皮が衰えることにより

ほうれい線やゴルゴ線が

発生しやすくなるので要注意です。

またUVAは季節天気に関係なく降り注ぎ、

ガラスも通過します。

「今日は雪だから」とか「室内にいるので、直接光を浴びない」と

思っていても、日焼け止め対策はしっかり行うようにしましょう。

また、紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生します。

活性酸素によって、細胞が酸化し、

血流の悪化によって皮膚の代謝が低下して

お肌は乾燥するようになります。

お肌が乾燥すると、しわやたるみができやすくなり、

ほうれい線へと繋がっていくのです。

20代でほうれい線に悩む女性の多くは

紫外線対策を行っていないことが多いです。

紫外線の蓄積がほうれい線へと繋がっていくので、

早い年代から紫外線対策を行うことをオススメします。

どのような紫外線対策を行うべきなのか?

紫外線対策で最も効果的と思えるのが、

通年での日焼け止めの使用です。

日焼け止めを選ぶ際にSPF(サンプロテクションファクター)を

重視する人も多いかと思います。

このSPFは紫外線の中でも

紫外線B波を防止するものであり、

真皮に到達する紫外線A波を防止するには

PA(プロテクショングレードオブUVA)を

重視する必要があります。

SPF値などは日焼け止め効果のある

ファンデーションを使用することで

プラスすることができますが

PA値はできないことも多いので、

購入する際にはしっかりとチェックしましょう。

年間を通してある程度のSPF値のものを使用し、

6月などの紫外線の強い時期は

PA値を重要視していくことがポイントです。

PA値は++などで表現されていることが多く、

この+の数が多いほどPA値が高いものです。

紫外線が最も強いのは6月

日焼けというと「夏の海・山」などのイメージから

7~8月の紫外線対策を行う人が多いですが、

実際に紫外線の放射量が1年で一番多いは6月です。

6月は日照時間が長く紫外線の量も多いのですが、

乾燥などを感じにくい季節ということもあり

日焼け止めを使用しない人も多い時期です。

6月にはPA値の高いものを使用することで

紫外線を防ぎやすくなると考えた方が良いでしょう。

7~9月は乾燥対策も

日焼けシーズンである7~9月は

乾燥対策を併用していくことが必要です。

温度も高くお肌の水分も蒸発しやすい季節になるので、

化粧水などは普段よりも多めに使用してみましょう。

夏場の乾燥対策をしっかりと行うことで

10~3月のスキンケアが

ぐっと楽になってくるとも言われています。

コラーゲン美容液などをプラスアルファで

導入することもオススメです。

日焼け止めはしっかりと落とす

日焼け止めはSPF値が高いほど、

洗顔で落としにくいことが多いです。

日焼け止めがお肌に残ったままでは

スキンケアの効果が薄れるばかりか

お肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

洗顔フォームやクレンジングなど、

普段の洗顔にもう一つ追加して

お肌に残らないようにしましょう。

洗顔は洗顔石鹸でも洗顔フォームでも

しっかりと泡を立てて二度洗いが

日焼け止めを使用する際にはいいでしょう。

お肌に日焼け止めが残らないように、

しっかりと洗顔で取り除きましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする