頭皮のたるみがほうれい線につながるって本当?

頭皮が硬くなったり、たるみができると

ほうれい線につながるということを

存知の方は多くないと思います。

顔と頭皮は一枚の皮膚で繋がっており、

頭皮に弾力がある場合は

お肌にも張りが出てきますが、

頭皮にゆるみやたるみがあったり、

凝り固まっている場合は

ほうれい線を悪化させてしまうことも珍しくありません。

頭皮とほうれい線の関係

ほうれい線は顔にできるものですが、

頭皮と顔は同じ一枚の皮膚で繋がっています。

顔よりも頭皮の筋肉は厚みがあり

顔の皮膚を引っ張っている状態です。

例えば、ポニーテールのように髪をきゅっと結んだりすると、

フェイスラインがひっぱられ、

顔立ちがはっきりすることをイメージしてもらえば、

わかりやすいかもしれません。

頭皮の状態がベストの時は弾力もあり、

水分なども必要な分量はキープできる状態になります。

しかし、加齢やストレスなどでこの弾力がなくなり、

頭皮がゆるんでしまうと、いままで引っ張られていた

顔の筋肉も一緒に緩んでしまうので、

ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

ほうれい線は顔の筋肉のたるみなどでもおこりやすく、

頭皮がたるんでしまっている場合は

表情筋なども一緒に緩んでしまっていることが多いので、

頭皮のケアと一緒に表情筋のトレーニングなどを

行っていくことが必要になってきます。

表情筋は日常の中でも少し意識して

笑顔をつくるようにするだけでも鍛えられる筋肉です。

また、口の中で舌回しなどを行っても

表情筋のトレーニングにも繋がります。

頭皮の緩みの対策はどうすればいいのか?

頭皮の緩みの対策で大事なことは

頭皮のマッサージです。

頭皮のマッサージや毛穴のケアを

少しだけ意識することで、

ゆるみやたるみを押さえることに繋がります。

ゆるみ、たるみだけでなく、

ストレスなどで頭皮が固まることで

毛細血管などを圧迫してしまい、

肌細胞の入れ替わりなどを

阻害してしまうこともあります。

たるみや頭皮のトラブルは

美容室などのヘッドマッサージや

ヘッドスパなどで改善できます。

自宅で出来るケア

シャンプーなどの際にヘッドマッサージ用の

シリコンブラシなどを使用していくことなどで、

毛穴の汚れをかき出しながら

頭皮に適度な刺激を与えることができます。

頭皮は刺激を与えすぎても

炎症などを起こしやすい部分です。

シリコン製のシャンプーブラシなどは

1000円前後で購入できることが多く、

シャンプー中の髪の毛のからまりなども緩和してくれます。

バスタイムは頭皮も柔らかくなりやすいので

シャンプーブラシなどを使った

頭皮マッサージを取り入れることで、

頭皮の血行の活性化と、筋肉への刺激にもなり、

たるみをゆっくりと引き締めていく効果が期待できます。

1日や2日では変化を感じることは難しいですが、

2週間ほど続けていくことで頭皮のべたつきなども

改善できる効果も出てくる場合もあります。

頭皮のたるみは顔全体の筋肉を

たるませてしまう原因にも繋がってしまいます。

たるみの改善策としては、

表情筋を鍛えるためのトレーニングがありますが、

頭皮自体を正常な柔らかさや弾力に戻すことで

たるみや毛穴のつまりなどにも効果が期待できます。

美容室などのヘッドスパも効果が高く、

リラクゼーションショップなどのリンパマッサージなども

頭皮の正常化には効果が高いという声が非常に多いです。

また、頭皮のたるみは毛穴を詰まらせてしまうだけでなく、

抜け毛の原因や毛穴の炎症の原因にもなりうることがあります。

頭皮ブラシなどを利用しながら

日常に頭皮ケアを取り入れることで

無理なくたるみの解消にも繋がりやすいので

エイジングケアの一つの方法として、

取り入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする