運動不足でなぜほうれい線ができるの?

運動不足とほうれい線は無関係と

思う方もいらっしゃるでしょうが、

実は運動不足とほうれい線は無関係ではありません

ほうれい線の原因の一つに、

肥満による顔の脂肪の増加とたるみがありますが

これらと運動不足は密接にかかわっています。

顔に脂肪がある場合、

この脂肪よってコラーゲンの生成などの

阻害が起りやすくなり

ほうれい線を作りやすくなってしまいます。

また、運動不足は体の中に老廃物をためやすくなり、

むくみなどの原因にもなってしまいます。

むくみなども顔の大きさを大きくしてしまう一端になり

ほうれい線をより深く作ってしまうことにも繋がります。

脂肪の燃焼しやすい体をつくることで

顔の脂肪を無理なく落していくことに繋がり、

ほうれい線のケアにも繋がっていきます。

運動不足によるたるみやむくみ解消法は?

顔についた脂肪をとることは

なかなか難しいとされています。

運動不足の解消が一番ですが、

そう簡単に運動を日常の生活の中に

取り入れらえる方は少ないのでしょう。

ほうれい線に効果のあるエクササイズの一つとして

しっかりと口を閉じて歯を噛んだ状態で行う

舌まわし運動などがあります。

舌まわし運動はほうれい線はもちろんですが

表情筋を鍛えることにもつながるので

オフィスワークの際にも行うことができるものであり、

小顔効果も期待できます。

また、むくみなどには冷えを改善することも大事になります。

冷えを改善させることで

脂肪の燃焼しやすい体を作りやすくなるので

運動効率を上げてくれることにも繋がります。

冷えは猫背の原因にもなり、

猫背はほうれい線の原因にもなります。

冷えの対策として

冷たい飲み物などをとることが多い方は

温かい飲み物などをとりいれるようにするだけでも

体質の改善につながっていきます。

運動不足解消につながる簡単にできる運動は?

ほうれい線には太ももの筋肉を鍛えることが

効果があると聞いたことがある方も多いかと思います。

ただ、デスクワーク中心の方は

頑張って通勤時に歩いてみる、

という方が多いのではないでしょうか?

デスク内で出来るエクササイズの一つとして

両足をしっかりと閉じてくっつけ、

足を床から話すものがあります。

膝の角度を直角に近くするほど

簡単に負荷をかけることが可能であり、

内ももなどに緊張などがわかる状態を作りやすくなります。

有酸素運動は20分以上の継続が必要になりますが、

この方法ならば運動不足解消の基礎を作りやすく

取り入れやすいと思います。

1日10分歩くだけでも

運動の一つになっていると考えられますね。

有酸素運動の効率を上げるために

有酸素運動は最短20分で効果が出るとされていますが、

一般的には40~60分の運動が必要とされています。

この運動効率を上げるために

前述のエクササイズなどを毎日が理想ですが、

可能な範囲で取り入れていくことで

短時間でも脂肪の燃焼を働きかけやすくなります。

オフィスに階段などがある場合は

上り下りを最初は5分程度行うだけでも

運動と同じ効果を得られることもあります。

運動で大事なことは継続になります。

毎日続けることができる程度のものから

取り入れていくためにも、

電車通勤を自転車に変えるなども有効な方法の一つになります。

食生活なども大事ですが、

体を動かすことになれることや

筋肉を使用することに体を慣れさせることも大事になります。

床から足を離すエクササイズなどは

お金もかからずにすぐにできることや

足の内側の普段使わない筋肉を刺激することもできるので

太もものケアにも繋がります。

運動不足はリンパの流れなども滞らせてしまうので、

リンパのつまりを無くし、

活動しやすい体をつくることで

ほうれい線のケアにもつながるんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする