老け見えを予防!ほうれい線を防ぐ方法3選

ほうれい線は老けてみえる原因。

顔にほうれい線があるだけで、

すごく歳をとったように感じるから、

ほうれい線はどうにかして予防したいですよね。

でも、ほうれい線って

どうやったら予防できるんでしょうか?

ほうれい線の予防には

紫外線予防をはじめとする正しいスキンケアと

舌回しエクササイズなどによる

表情筋の筋力アップが効果的。

ほうれい線を予防したい方は

年齢が若くても早めに対策をして、

美肌をキープしましょう。

ここでは、ほうれい線の予防法を紹介していきますね。

ほうれい線の予防法

一度できてしまったほうれい線を消したり、

薄くするのは大変です。

ほうれい線のない美肌を目指す方には予防が大切。

まだ、ほうれい線がまだ気になっていない方も

ほうれい線ができたときに後悔しないように

早いうちからほうれい線対策を始めましょう。

おすすめのほうれい線予防法を紹介していきますね。

紫外線予防

ほうれい線の原因の一つが

お肌のハリや弾力を維持するコラーゲンや

エラスチンなどの減少。

これらの成分はお肌のハリをキープして

しわを予防するために大切ですが、

紫外線や加齢の影響を受けると、

どんどん減少してしまいます。

だから、ほうれい線を予防したいときは、

できるだけコラーゲンやエラスチンの

減少を防ぐことがポイント。

ラーゲンやエラスチンを作る細胞は

紫外線を浴びると破壊されてしまうから、

紫外線対策には力を注ぎましょう。

紫外線対策の基本は季節を問わず、

日焼け止めを使うこと。

暑い時期だけじゃなく、

冬も日焼け止めを使って肌を守り、

コラーゲンやエラスチンの減少を防ぎましょう。

日焼け止めは汗をかくと取れてしまうから、

暑い時期は塗り直しも忘れないでね。

適切なスキンケア

乾燥肌の方はスキンケアにも注意が必要。

乾燥しているお肌はふつうのお肌よりも

紫外線の影響を受けやすいから、

ほうれい線ができやすいのです。

だから、乾燥が気になる方は

スキンケアでしっかりと

水分や油分を補ってあげましょう。

お肌の水分や油分が不足しているときは

お部屋の乾燥にも気をつけてね。

舌回しエクササイズ

顔の皮膚の下には表情筋と呼ばれる筋肉があります。

顔の皮膚や脂肪は表情筋によって支えられています。

でも、表情筋の力が弱って

皮膚や脂肪が支えられなくなると、

重力に負けた皮膚や脂肪がたるんで、

ほうれい線を作ってしまうんですね。

だから、ほうれい線を予防するためには

表情筋を鍛えられる舌回しエクササイズもおすすめ。

簡単にできる下回りエクササイズをして、

顔のたるみを予防しましょう。

舌回しエクササイズの方法

1.口を閉じたまま突き出す

2.舌の先を頬に当てる。

3.舌で頬や唇を押すようにしながら、舌を時計回りに回す。

4.瞳も舌と同じ方向に回す。

5.3回繰り返す。

6.反時計回りも同じように3回繰り返す。

口は開けないように注意してね。

ほうれい線ができそうな場所は

少し強めに押すと効果的ですよ。

ほうれい線を予防したいなら生活習慣にも注意が必要!

ほうれい線を予防したいのであれば、

スキンケアや舌回しエクササイズ以外に

生活習慣を見直すことも大事です。

タバコは吸わない

タバコを吸うとシワが増えてしまうと考えられているから、

ほうれい線が気になるときに

タバコを吸うのは禁物。

タバコを吸うとスキンケアや

エクササイズが台無しになってしまうから注意してね。

無理なダイエットはダメ

ほうれい線が気になるなら、

食事制限を課す無理なダイエットは

おすすめできません。

特にコラーゲンやエラスチン、

ビタミン、ミネラル、タンパク質などの

不足には注意しましょう。

睡眠はたっぷりとる

コラーゲンやエラスチンの生成に関わっている

成長ホルモンは睡眠中に

たくさん分泌されるといわれています。

だから、ほうれい線を予防したい方は

たっぷりと睡眠をとることを心がけましょう。

ただ睡眠をとるだけじゃなくて、

深い眠りにつけるように、

睡眠前にリラックスしておくことも大事です。

ほうれい線の予防には

紫外線対策や適切なスキンケア、

舌回しエクササイズが効果的。

どれも続けることで効果を期待できるから、

ほうれい線を予防したい方は

コツコツと努力して美しさをキープしましょう。

比較的早めの年齢から対策をしておくと、

周りがほうれい線に悩みだしても美肌でいられますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする